生野銀山ご紹介

ヨーデルの森って知ってますか?

アルパカがうじゃうじゃいて、芝すべりできたり、楽しい体験型農業公園です。寒い季節はちょっと厳しいですが年間通して楽しいスポットですので是非足を運んでみてください!

んで、そのヨーデルの森からほど近い場所におすすめの観光スポットがございます。

生野銀山です。

生野銀山

奥様の実家がある兵庫県朝来市に807年に銀が出たと伝えられる生野銀山があります。

室町年間に本格的に採掘がはじまり、信長・秀吉・家康の直轄地として財政を支えてきました。昭和48年(1973年)の閉山までの間、総延長350km以上、深さはなんと880mにも達しています。

2007年に「生野銀山開坑1200年事業」が盛大に執り行われた歴史ある史跡です。

播但線の生野駅から4~5kmぐらいですからウォーキングでもOKだと思います。本数は少ないですがバスもあります。

ジョギング:兵庫県朝来市:生野銀山へのトロッコ道跡をかける
兵庫県朝来市にある歴史ある観光スポット 生野銀山。最近は「天空の城」「東洋のマチュピチュ」で有名になった竹田城跡の勢いにおされていますが忘れられないよう頑張ってます。トロッコ道跡なんかも見つけたりして散策してみてはいかがでしょうか?

料金

詳細は公式ホームページをご覧になってください。

大人900円、小学生400円(小学生未満無料)と、そこそこええ値段します。

(上の写真は2017年6月に撮影した写真です。。。)

場内案内

坑道入る手前はこんな感じで資料館があります。(2018年2月時点)

ところで、

超スーパー地下アイドル

「GINZAN BOYZ」

(参照:公式HPより)

というアイドルがいるのをご存知でしょうか?総勢60名からなるアイドル軍団のようです。

皆様もぜひチェックしておいてください。歌も出しています。アイドルですから、、、

さっそくお出迎え。次郎羅茂(ジローラモ)さん。

独り外でカンカンやってはります。

資料館の中にも皆さまスタンばってくれています。

  

今日(2018年2月)は滝も凍る寒い日です。やはりカメムシが多い年は寒くなる、雪が沢山降る。というのは本当だったんですね。ほれみたことか!と、嫁さん鼻息荒いです。

カメムシが大量発生したら大雪ってホント?
最近カメムシが多い気がします。とっても臭いんで好きではないんですが、 カメムシが多い年にはいろんな自然現象が起こると言われています。彼女たちの行動から これから何が起ころうとしているのか?さぐってみるのも面白いかもしれません。

池も凍っています。

さぁ坑道へ

突入!

江戸時代の作業風景をGINZAN BOYZ の面々が再現してくれています。ご苦労様です。

年中安定した湿度・温度の中、お酒を熟成していました。

 

ワインも熟成してました。

もうちょっとええ感じに並べたらいいのに、、、雑やわぁ・・・

坑道内は歩きやすいです。180cm以上ある人は、相当気にしながら歩く必要ありますが、、、

 

ここら辺からは江戸時代の作業風景から近代化してきた作業風景をGINZAN BOYZの皆様が再現してくれています。

 

閉所恐怖症気味の僕には作業できない場所です。

 

なんでもかんでも太閤さんでしゃばります。

ものすごく大きな巻揚げ機が登場です。

コイツを使っても880mを一発で引き上げることはできなかったようです。

すごいなぁ、、、

って思っていたら後ろに気配を感じます。

・・・だれ?

バレンタインデーが近かったもんでこんな格好させられていました。

誰べーさんか知らんけど、よくぞすねずに堪えているなと感心しました。

と思っていたら、なにやら騒がしい音がするなと振り返ると、スクータに乗ったイケメンが居ました。(実際は何も音はなりません。。。)

「そろそろいくぞぉ、、、」

子供たちは飽きてきましたのでダッシュで帰ります。

最後は、こんな感じでアイドル軍団が江戸時代の作業場を再現してくれて、、、

 

僕たちのタイムスリップは終わりです。

坑道外コースも行ってみよう

入り口の右側にある滝のたもとが出口です。滝は凍ってます。

坑道入り口左側に坑道外コースというちょっとした山道があるのでそちらも登ってみました。

急でもないので全然疲れません。

こんな橋があるところでUターンして終わりです。これより奥は普通のけもの道です。

しまい

ちょっと前にテレビで、戦後の日本を支えた産業として炭鉱業が紹介されていました。僕のひいじいちゃんが北海道で炭鉱員をしていたという話を聞かせてくれたことを思い出して、たぶん大変過酷な仕事環境だったんだろうな、、、とふと思い出す良い機会となりました。

そもそも、奥様の実家から近いということもあり、生野銀山には親しみが湧いてきていたのですが、地元の方たちもGINZAN BOYZを招集してまで町おこしに躍起になっていて、なおさら目が離せなくなってきました(笑)

皆様もぜひご支援いただければと思います!

余談ですが、実は兵庫県朝来市。2016年版「住みたい田舎」No1に選ばれた実力の持ち主。

田舎ならではの素朴感と美しさをそのままに、地域としても活気だしてもらいたいものです。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアいただけると喜びます。

スポンサーリンク
Sponsered Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponsered Link