雑記:庭のシャベルが一日濡れて

梅雨時ですが、あまり降りませんね。

最近、幼稚園に通っている娘が歌っている童謡が頭の中でリフレインしている虎太郎パパです。

にじ

娘が歌っている、その童謡って「にじ」っていう歌です。

とっても心地よい歌で、子供が歌うとなおさらええ感じなのです。どうして子供が歌う歌は聞いているだけで目頭が熱くなりかけるんでしょうか、、、おっさんになったからなんだと思います。

にじ

youtubeとかで色々アップされてるんで、知らない方は是非聞いてみてください。

シャベルとスコップ

ところで、結構有名な地域あるあるネタのようなので僕がこんなところで書く必要もないとは思っているのですが、、、

娘がこの歌を歌っているのを聞いて感動しながらふと、

結局どうなんだっけ?

と思ってしまったので、あらためて確認してみました。

そう。シャベルとスコップの違い。。。

関西生まれの関西育ちの僕からすると明確ですけどね。。。

さて問題です!

砂場などで土をいじるときに子供でも使うような手にもって使う。あれ。

シャクシャク片手で砂をほじる、あれですよ?あれはどちらでしょうか?

こんな場所で、ちっちゃい子供が使うやつですやん。

そうっ!

あれは

スコップ です。

ただ、これが全国区ではなく、伝わらないと知ったのが30過ぎたくらい。確かに衝撃でした。。。ちなみに皆さまはいかがですか?

そこでネットで調べてみるとこんな感じのようです。

正直、お砂場で誰かに「シャベルとって!」と言われたら、僕は一瞬戸惑うと思います。いえ、結構経験値だけは積んでいるので瞬時に理解して”スコップ”を手渡しますけどね。。。

親は関係ない

ちなみに、僕の両親は、父が栃木、母が北海道出身です。

ご縁があって関西にたどり着き僕が生まれたわけですが、上記の統計からすると、

僕も”シャベル”で育っているはずです。お砂場で。。。

でも僕は根っからのスコップ派です。

育った環境が大切なんですね。なんでも。。。

結局は?

JIS規格でちゃんと定義されているようです。

・足で押せるものがシャベル(いかり肩っぽいフォルム)
・足で押せないものがスコップ(なで肩っぽいフォルム)

一応こういうことになっているそうです。

実情は西日本と東日本で見事に反転してしまっている状況で、たぶん今後誰も統一しようなどとも思っていないでしょう。

しまい

晩酌しながら、娘が歌の練習をしてるのをニヤニヤ眺めていると気になってしまったので、したためてしまいました。

ショベルが大型、スコップが小型のもの。って感じのイメージがあるんですが、東日本ではここすら逆で、大型のものをスコップ、小型のものをシャベルと呼ぶらしいです。。。

ショベルカーのことをスコップカーとは呼ばんと思うのだが、、、

そこらへんはJISには規定されていないんでしょうね?

ただ、僕がスコップと思っているものについて別名があるそうです。

園芸用こて、移植ごて

らしいです。

たぶん、それで統一するんが平和なんやと思ってきました。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
Sponsered Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponsered Link